コンテナハウス2040jpブログ

コンテナハウスで街を地球を未来をProductDesignします!

*

世界のコンテナハウスニュース No.1 File 134個の輸送用コンテナから構築Bharathi南極調査所

   

No.1 File 134個の輸送用コンテナから構築Bharathi南極調査所

出典:BOF artchitektenindian_research_station

世界のコンテナハウスニュースの最初のファイルは

134個のコンテナを使った南極調査所の例をご紹介いたします。

コンテナの強度を活かしたエコで、かつ巨大なコンテナハウスです。

134個のコンテナを連結した例は他には無いと思います。

考えられた設計、デザインが過酷な南極という立地条件にも関わらず

計画から完成まで、4年かからずに出来上がっています。

もちろん、コンテナも南極へ運んでいます!

南極と海洋研究のために、インドのナショナルセンターは、

北東南極大陸のLarsmannヒルズ部に設置されているブランド

新しい研究ステーションをドイツのbof-architektenに委託しました。

2,500平方メートル(27000平方フィート)Bharathiインドの南極調査所は

134個の輸送コンテナを使用して構成されており、科学者は厳しい地域の気象条件にも関わらず

安全に自分の仕事を行うことができています。

Bharathiは南極のインドの第3の永久拠点となっています。

レイアウトの規則のために、南極条約システムが完全に痕跡を残すことなく分解し

極寒の風景から取り外すことができるように、機能が設計されています。

Bharathiは遠隔地のために、自給自足であることを必要とされます。

毎時200マイル(毎時321キロ)の突風を含む天候と

両極端に温度がマイナス40度耐えることができるようになっているとのことです。

indian_research_station-15indian_research_station-23indian_research_station-24indian_research_station-5station2station1indian_research_station-8

出典:BOF artchitekten

 - 世界のコンテナハウス , , , , , , , ,