コンテナハウスの活用事例

コンテナハウスを活用したオシャレなカフェを特集

弊社が手掛けた事例を紹介

おしゃれで個性的なコンテナカフェ

「カフェ=おしゃれ」というイメージが一般化した現在、他のカフェと差別化するためには明確なコンセプトが必要です。コンテナハウスを活用したカフェはおしゃれなだけではなく、とても個性的です。私たちがこれまで手掛けたコンテナカフェをご紹介します。

コンテナカフェはおしゃれで個性的

近頃のカフェはコーヒーを飲みに行くだけの場所ではなく、デートスポットやリラックスの場としても注目されています。味やサービス、価格はもちろん重要ですが、カフェを選ぶ際に最も重視するのは「お店の雰囲気や造り」という調査結果もあるくらいです。

とはいえ、コンセプトがないまま漠然とお店をおしゃれにするだけでは没個性で差別化ができません。「また行きたい」と思われるカフェには明確なコンセプトがあり、お店の雰囲気や造りにはコンセプトがしっかりと反映されています。

コンテナハウスを活用したカフェはただおしゃれなだけでなく、とても個性的です。私たちがこれまで手掛けたコンテナカフェをご紹介します。

コンテナのコーヒースタンド『411 COFFEE LAB.』

栃木県佐野市にある「411 COFFEE LAB.」は店舗に 4 台の 20 フィートコンテナを活用したコーヒースタンドです。お店自体がコンテナで、入る前から個性的でおしゃれな雰囲気が伝わってきます。

コンテナカフェ

店内はウッド調です。コンテナハウスでは通常の建築物と同様に、板張り・フローリング・タイル・パネル・クロス・塗装などを組み合わせて好みの内装デザインを実現できます。

こだわりのメニューはスペシャルティコーヒーとクロワッサンワッフル。発酵バターを使ったクロワッサンは店内で生地を発酵させて焼き上げているとのこと。テイクアウトもできます。

店外にはテラス席もあります。コンテナハウスの特徴はメタル感が生み出す迫力と重厚感ですが、ウッドデッキを組み合わせることでおしゃれなコントラストを実現しています。
コンテナカフェのテラス

山菜とコーヒーを山で味わえる店『桜林茶寮』

青森県弘前市の岩木山の麓にある「桜林茶寮」は、「山菜とコーヒーを山で味わえる店」をコンセプトとするカフェ・レストランです。

コンテナハウスのカフェ・レストラン
コンテナハウスで利用する建築専用コンテナは壁に開口部を設けても耐久性が損なわれない構造のため、複数のコンテナを並べて広いスペースを作ることができます。桜林茶寮では 20 フィートと 40 フィートのコンテナを組み合わせて 1 つの空間を作り出しています。

井戸水から作る美味しいコーヒーを楽しめるだけでなく、山菜など地元食材でつくるランチが大人気で、特に休日の昼は予約で一杯です。運よく夜カフェの営業日にあたればディナーも満喫できます。

テラス席からは季節によって移り変わる風景を楽しむことができます。

ハイブリッドカフェ・レストラン『No.4』

麹町のカフェ・レストラン「No.4」は平屋建てのおしゃれなコンテナカフェ・レストランです。コンテナの壁を大胆に取り払い大きな窓をはめ込むことで、全体的に開放感が生まれています。また、三角屋根やウッドデッキを取り付けると同時に、アクセントとして外壁にウッドパネルを使うことで、全体的に和を感じさせるテイストになっています。

コンテナハウスを使った麹町のおしゃれなカフェ

店内に入ると広々とした空間が広がります。天上など内装の一部ではコンテナを質感をそのまま活かす一方で、床を板張りにするなどウッドも活用することでおしゃれな雰囲気を醸成します。

「No.4」はモーニング、ランチ、ティータイム、ディナーなどの時間帯によってまったく別の表情を見せます。パン、ピザ、料理、クラフトビール、コーヒー、ナチュラルワインなどメニューが豊富で、様々な使い方ができるハイブリッドカフェ・レストランです。

メニューを閉じる
おしゃれなコンテナハウス 2040JP