WHAT IS CONTAINER HOUSE?

コンテナハウスのすべてを
分かりやすく徹底解説!

サイズ・間取り・内装・外装・設備・耐久性・断熱性など

OVERVIEW

コンテナハウスとは何か?

コンテナハウスのサイズと間取りは?内装や外装などのデザイン、設置可能な設備は?暑さ対策と寒さ対策は?強度と耐久性は?コンテナハウスに関するすべてをメリット・デメリットを含めて分かりやすく解説します!
SIZE

コンテナハウスの広さと間取りは?

POINT 1

建築専用コンテナの規格とサイズ

株式会社コンテナハウス2040JPがコンテナハウスを建設する際には、海上輸送コンテナではなく建築専用コンテナを利用します。その理由はデザインと品質、コンプライアンスを両立するため。海上輸送コンテナを利用したコンテナハウスでは材質上の理由から建築確認を得るのが難しく、また、海上輸送コンテナの構造上、窓やドアを設置するために開口部を設けると強度が大きく損なわれてしまいます。建築専用コンテナを利用すればこれらの問題を解決できます。

建築専用コンテナには 20フィートサイズ40フィートサイズの二種類があり、ともに ISO海上輸送コンテナの国際標準と同じサイズです。国際的に規定されたサイズだからこそ世界で統一されたコンテナ輸送網を利用し、輸送コストを大幅に削減することができます。コンテナのサイズは以下の通りです。

建築用コンテナのサイズ・規格

20 フィートコンテナと 40 フィートコンテナそれぞれについて、幅と長さはそのままで、高さだけを1フィート(約 30 cm)伸ばしたハイキューブコンテナも提供可能です。ハイキューブコンテナの容積は一般的なコンテナと比べて約 12% 増し。お客様のご要望や状況に応じて使い分けています。

ご要望に応じて規格外のコンテナを製作することもできますが、輸送費が高くなってしまうというデメリットがあります。

POINT 2

コンテナ 1 つでも豊かな表現が可能

コンテナハウスをデザインする際には個々のコンテナをモジュールとみなし、モジュールどうしを組み合わせることで建物全体のサイズや形状を表現します。ただ、用途によってはコンテナ1つでも十分な広さを確保できます。

恵比寿コンテナ』は1台の40 フィートコンテナを活用したイベント&カフェスペース。カフェの入り口に木製の階段が設けられており、屋外のウッドデッキにはテラス席があります。コンテナのメタル感とウッドデッキのコントラストが印象的です。

なめがたファーマーズヴィレッジ』では、コテージとしてコンテナハウスを活用しています。ここでもウッドデッキが効果的に使われており、コテージが周辺の自然と上手く調和しています。

POINT 3

複数のコンテナを横に並べて広い空間を創り出す

建築専用コンテナであれば壁に開口部を設けても耐久性が損なわれないため、複数のコンテナを横に並べて広いスペースを作ることができます。

カフェ桜林茶寮』では 20 フィートコンテナと 40 フィートコンテナを組み合わせて 1 つの空間を作っています。店舗面積は約 13 坪、客席数は 13 席です。

沖縄のヤンバルに建つ『アイアンコテージ』は航空機や潜水艦を思わせる玄関扉や丸い窓が大きな特徴のコテージ。コンテナの壁を取り外したウッドデッキから美しい景色を楽しむことができます。

POINT 4

二階建や三階建のコンテナハウスも可能

建築専用コンテナは高い強度を持つため、縦に積み重ねて二階建てや三階建ての建築物をつくることも可能です。もちろん、建築基準法が要求する基準をパスします。

家具や雑貨、DIY 用のアイアンパーツを製造・販売する『COBA INDUSTRIAL WORKS』の店舗には 40 フィートのハイキューブコンテナを 8 台利用利用。正面部分が二階建てになっています。

こちらのガレージハウスでは 7 台の 20 フィートコンテナを活用しています。1 階にはコンテナを 3 台配置し、2 階に配置した 4 台のコンテナを支えています。

POINT 5

なるべく少ないコンテナでより広い空間を作り出す

空間の両端に、もしくは空間を囲むように配置したコンテナを梁で接続することにより、中心部に広大な空間を確保することもできます。

撮影スタジオ『TRadboX』では 20 フィートのハイキューブコンテナを 8 つ利用しています。2 段に重ねたコンテナを四方に囲むように配置することにより、中心部に広大なスペースを確保しています。中心部には屋根を設けてあります。

鎌倉由比ガ浜に登場した海の家『かまくら横丁』は 20 フィートコンテナを 15 台活用した大型フードコート。それぞれのコンテナはイタリアン、タコス、たこ焼き、ジンギスカン、焼き肉などを提供する店舗になっており、それらを敷地の周辺に並べて配置することで、中心に広大な飲食・コミュニケーションスペースを作り出しています。

POINT 6

コンテナを縦置き・斜め置きにして柔軟なデザインを実現

きちんと構造計算を行えばコンテナを縦置きや斜め置きで配置することもできるため、より自由なデザイン・間取りを実現できます。

沖縄の石垣島にオープンしたコテージホテル『ぱいぬ島リゾート』ではコンテナを斜めに配置することで、インパクトのある外観と開放的な内部スペースを同時に実現しています

APPEARANCE

コンテナハウスの内装や外装は?

POINT 1

コンテナのメタル感と重厚感を生かした外装

コンテナハウスのデザイン上の強みはコンテナならではの質感と存在感。箱型のシンプルな形状、鋼製波板によるゴツゴツとした外壁、全体的なメタル感が生み出す迫力と重厚感は、通常の建築物ではなかなか表現できません。

閉鎖性が気になるようであれば壁を取り払ってガラス張りにするなど、様々な工夫が可能です。建築専用コンテナでは壁全体で建物の重さを支える壁構造ではなく、柱と梁で建物の重さを支えるラーメン構造を採用しているため、壁に開口部を設けても強度を維持できます。

WILD WEST DAYS』はアメリカ雑貨を扱うカジュアルショップですが、コンテナハウスのメタル感がショップのテーマと調和しています。また、店舗正面のコンテナの外壁を大胆に取り払い大きな窓をはめ込むことで開放感が生まれています。

POINT 2

外装パネルや外壁を使って外観の雰囲気を変える

先ほどの事例ではコンテナの壁を取り除いた上で窓をはめ込んでいましたが、窓の代わりにパネルをはめ込んだり、コンテナの壁に外壁を重ねることで建物全体の雰囲気を変えることもできます。

麹町のカフェ・レストラン『No.4』では三角屋根やウッドデッキを取り付けると同時に、アクセントとして外壁にウッドパネルを使うことで、全体として和を感じさせるテイストに仕上がっています。

POINT 3

コンテナの質感を生かした内装

コンテナ独自のメタル感や重量感を内装のデザインに生かすこともできます。

アイアンコテージ』はその名の通り、ところどころに鉄のイメージを残したコテージです。メタル部分の無機質な雰囲気と、ウッド調フロアの柔らかい雰囲気が魅力的なコントラスを生み出しています。

運送会社『GROUND AREA SERVICE』のオフィス内部ではコンテナの壁をそのまま内装として利用することにより、全体的な統一感と洗練された印象を与えています。

POINT 4

通常の建築物と同じような内装も可能

コンテナハウスでは通常の建築物と同様、板張りやフローリング、タイル、パネル、クロス、塗装などを組み合わせて好みの内装を実現できます。

TOWA ピュアコテージ』の内装は白とダークブラウンを基調としつつも、アクセントとなる場所をカラフルに塗装することで、可愛らしさとモダンな雰囲気を併せ持つ室内に仕上がっています。

COMFORTABLENESS

コンテナハウスの住み心地は?

POINT 1

コンテナハウスの断熱性能

コンテナは金属製であるため、何も改造を行わなければ「冬は寒く夏は暑い」という住居には向かない建物になってしまいます。ただ、コンテナハウスは重量鉄骨造の家のようなものですので、通常の断熱対策が可能です。空調と断熱工事によって断熱面の問題は解決できます。

北海道ニセコに冬季限定で登場した『オネストビー』の店舗では、受付ということもあり意匠性を重視して大きなガラス面を設けています。その分、断熱性能が落ちてしまうため、対策として内壁に吹き付け発泡ウレタン 50 mm を施しています。発泡ウレタンで覆われたコンテナの内壁は空気に触れることがないため、結露対策にもなっています。暖房設備を入れれば冬でも暖かい環境を保つことができます。

POINT 2

コンテナハウスに設置可能な設備・機器

コンテナハウスは気密性や水回りなども考慮して設計されているため、内部にはキッチン、シャワールーム、トイレなどを備え付けることができます。

こちらはパンとピザのお店『No.4』の内部の様子です。コンテナハウスにも、飲食店に必要な設備機器をすべて設置できます。

STRENGTH

コンテナハウスの強度と耐久性は?

POINT 1

コンテナハウスの強度と耐久性

ISO 海上輸送コンテナは 2mm もしくは 3mm しか厚みがないため構造物としてそれほど強くありません。一方、私たちがコンテナハウスの建設に利用する建築専用コンテナは 5mm 厚で頑丈です。シェルターとして利用できるほどです。建築物としてもトップクラスの耐震性能を備えています。耐用年数はおよそ40年と言われています。

コンテナは金属製であるため、何も対策を行わなければ錆びてしまいます。ただ、塗装処理など通常の錆対策が可能です。

NAMERA_WASH』は愛媛県今治市にあるコインランドリー・コインシャワーです。海の真横に建っていることもあり、防錆加工が施されたコンテナを利用しています。

RELATED INFO

関連情報

遊覧船乗り場 – 浜名湖遊覧船みっかび瀬戸港

浜名湖周辺の美しい景観を船上から眺められる「浜名湖遊覧船」クルージング。2年前の台風被害より航路を絶たれた瀬戸港ですが、コンテナハウスを利用して建物を新設し、2020年12月より「みっかび瀬戸港」として再開しました。

カフェ – BENTO CAFE and MISO SOUP

福岡県福津市にオープンしたテイクアウト主体のコンテナショップ。店舗には20フィートコンテナを1台利用。健康的なミソスープに手作りのお弁当やおにぎり、スイーツ、レトルト惣菜などを販売。

マーケット – ごん堂秋葉ベース

長野県権堂町にオープンした仮設マーケット。旧イトーヨーカドー前広場を囲む形で3つのコンテナを新設。生鮮食品を販売する仮設スーパーマーケット、お弁当などを販売する店舗、ホットドッグスタンドなどが出店。広場にはベンチなども設置し、憩いの場・賑わいの場としての利用も期待される。

自家焙煎コーヒー豆専門店 – COFFEY ROAD

札幌市東区東東苗穂に登場したコンテナハウスのコーヒー豆専門店。20フィートコンテナを正方形に近い形に配置し、店内にはカフェも併設。入り口にはアンティークドアを利用。内装にもエイジングをかけて温かみのある雰囲気に。