世界のコンテナハウスニュース No.1 File 134個の輸送用コンテナから構築Bharathi南極調査所

コンテナハウス2040JP

No.1 File 134個の輸送用コンテナから構築Bharathi南極調査所

出典:BOF artchitekten

世界のコンテナハウスニュースの最初のファイルは

134個のコンテナを使った南極調査所の例をご紹介いたします。

コンテナの強度を活かしたエコで、かつ巨大なコンテナハウスです。

134個のコンテナを連結した例は他には無いと思います。

考えられた設計、デザインが過酷な南極という立地条件にも関わらず

計画から完成まで、4年かからずに出来上がっています。

もちろん、コンテナも南極へ運んでいます!

南極と海洋研究のために、インドのナショナルセンターは、

北東南極大陸のLarsmannヒルズ部に設置されているブランド

新しい研究ステーションをドイツのbof-architektenに委託しました。

2,500平方メートル(27000平方フィート)Bharathiインドの南極調査所は

134個の輸送コンテナを使用して構成されており、科学者は厳しい地域の気象条件にも関わらず

安全に自分の仕事を行うことができています。

Bharathiは南極のインドの第3の永久拠点となっています。

レイアウトの規則のために、南極条約システムが完全に痕跡を残すことなく分解し

極寒の風景から取り外すことができるように、機能が設計されています。

Bharathiは遠隔地のために、自給自足であることを必要とされます。

毎時200マイル(毎時321キロ)の突風を含む天候と

両極端に温度がマイナス40度耐えることができるようになっているとのことです。

出典:BOF artchitekten

最新のブログ記事

耐久性、カスタマイズ性、機動性に優れ、快適でありながら環境に優しいコンテナハウス。従来の建築アイデアと高い次元で融合することにより、自由度の高いおしゃれな空間をあらゆる場所に創り出すことができます。

ショップやオフィス、展示場や倉庫などのビジネス利用。海の家やコテージ、別荘などのリゾート利用。住居やガレージ、避難施設などの一般利用。用途は様々です。遊休地を活用して街全体を活かすこともできます。この流れが地球全体に広がれば、未来につながるプロダクトデザインまでも可能になります。

「コンテナハウスの広さや間取りは?」「どのようなデザインがあるの?」「金属製だから夏に暑く冬に寒いのでは?」「コンテナハウスの住み心地は?」「コンテナハウスの強度や耐久性は?」など、コンテナハウスに関する疑問を分かりやすく徹底解説します!

「コンテナハウスは建築基準法の対象?」「建築用コンテナは海上輸送コンテナとどこが違うの?」「コンテナハウスが建築確認を受けるために必要なことは?」「コンテナハウスに固定資産税はかかる?」など、コンテナハウスを取り巻く法律・規制・制度について分かりやすく完全解説します!