浜名湖クルージング観光「浜名湖遊覧船」の瀬戸港乗り場をコンテナハウスで建築中

コンテナハウス2040JP

浜名湖の美しい景観を船上から楽しめる「浜名湖遊覧船」

静岡県の浜松市と湖西市にまたがる浜名湖。日本一長い周囲長を持つ汽水湖(淡水中に海水が侵入している湖)として知られています。面積は70.4平方キロメートル、山手線がすっぽり収まる大きさで、日本の湖沼の中で10番目のサイズです。

浜名湖周辺の美しい景観を船上から眺められるクルージング観光。その中でも最も以前から営業しているのが浜名湖唯一の定期便「浜名湖遊覧船」クルージング。四季を通じて移り変わる風景を予約不要で楽しめる人気の観光スポットです。

「浜名湖遊覧船」の公式サイト(外部リンク)

 

2020年10月現在、以下の2つの遊覧船乗り場が営業中。30分コースと70分コース(土・日・祝のみ)の2つ周遊コースが用意されています。

 

フラワーパーク港

住所:静岡県浜松市西区舘山寺町3315
周辺には「はまZOO」や「浜松市フラワーパーク」などがあります。

 

館山寺港

住所:静岡県浜松市西区舘山寺町2226−1
周辺には「館山寺」や「サンビーチ」「浜名湖パルパル」や「温泉街」などがあります。

 

「瀬戸港乗り場」をコンテナハウスで建築中です

実は、「三ケ日みかん」の産地として有名な三ケ日町にも「浜名湖遊覧船」の乗り場があり、現在、竣工に向けてコンテナハウス2040JPが建設中です。完成予想図と建築中の様子をご覧ください。

 

瀬戸港

住所:静岡県浜松市北区三ヶ日町大崎1899-5

完成次第、改めて詳細をお知らせいたします。楽しみにお待ちください。

最新のブログ記事

耐久性、カスタマイズ性、機動性に優れ、快適でありながら環境に優しいコンテナハウス。従来の建築アイデアと高い次元で融合することにより、自由度の高いおしゃれな空間をあらゆる場所に創り出すことができます。

ショップやオフィス、展示場や倉庫などのビジネス利用。海の家やコテージ、別荘などのリゾート利用。住居やガレージ、避難施設などの一般利用。用途は様々です。遊休地を活用して街全体を活かすこともできます。この流れが地球全体に広がれば、未来につながるプロダクトデザインまでも可能になります。

「コンテナハウスの広さや間取りは?」「どのようなデザインがあるの?」「金属製だから夏に暑く冬に寒いのでは?」「コンテナハウスの住み心地は?」「コンテナハウスの強度や耐久性は?」など、コンテナハウスに関する疑問を分かりやすく徹底解説します!

「コンテナハウスは建築基準法の対象?」「建築用コンテナは海上輸送コンテナとどこが違うの?」「コンテナハウスが建築確認を受けるために必要なことは?」「コンテナハウスに固定資産税はかかる?」など、コンテナハウスを取り巻く法律・規制・制度について分かりやすく完全解説します!