近場にガレージハウスを作れば・・・

コンテナハウス2040JP

コンテナハウスの活用例としてガレージ代わりに使用しているものがありました。

シャッターに鍵をつければ防犯面でもただ置いておくよりはよさそうです。
息子がマウンテンバイクに乗っていてマンションの一室に二台飾っています。

六畳の部屋にマウンテンバイクが二台もあると圧迫感を感じさせますが防犯面でしょうがない様子。

そこでコンテナハウスの活用例のように自転車を置くガレージ代わりに使えるコンテナハウスがほしいです。
関東で土地を購入するのは坪単価が高いのですがガレージ代わりに置く程度のスペースなら土地代も安く買えます。

マウンテンバイクといっても何十万円もする高価なものなので
盗まれないように対策をする意味でもガレージハウスがほしいです。

近場にガレージハウスを作ればマウンテンバイクだけではなく
自宅にあるさほど使用頻度が高くないものも保管しておけそうで重宝しそう。

倉庫を借りるとなるとレンタル代が毎月発生しますが
コンテナハウスなら最初に購入してしまえば後は税金だけです。

外に置くよりも安全にものを置けてなおかつ支払いも
シンプルならコンテナハウスを導入する価値はありそうで夢が広がります。

必要に応じてコンテナハウスにネットワーク防犯カメラやブザーなども設置すればなお安心できるでしょう。

2040JPスタッフより
*Dさん ありがとうございます!
まさに今、バイクガレージをfacebookでもご紹介しています。
ご参考にしてみてください。

ネットワーク防犯カメラやブザーも大丈夫です!
よろしくお願いいたします。

最新のブログ記事

耐久性、カスタマイズ性、機動性に優れ、快適でありながら環境に優しいコンテナハウス。従来の建築アイデアと高い次元で融合することにより、自由度の高いおしゃれな空間をあらゆる場所に創り出すことができます。

ショップやオフィス、展示場や倉庫などのビジネス利用。海の家やコテージ、別荘などのリゾート利用。住居やガレージ、避難施設などの一般利用。用途は様々です。遊休地を活用して街全体を活かすこともできます。この流れが地球全体に広がれば、未来につながるプロダクトデザインまでも可能になります。

「コンテナハウスの広さや間取りは?」「どのようなデザインがあるの?」「金属製だから夏に暑く冬に寒いのでは?」「コンテナハウスの住み心地は?」「コンテナハウスの強度や耐久性は?」など、コンテナハウスに関する疑問を分かりやすく徹底解説します!

「コンテナハウスは建築基準法の対象?」「建築用コンテナは海上輸送コンテナとどこが違うの?」「コンテナハウスが建築確認を受けるために必要なことは?」「コンテナハウスに固定資産税はかかる?」など、コンテナハウスを取り巻く法律・規制・制度について分かりやすく完全解説します!