コンテナハウスが様々な形で活用され、注目を集めています。

コンテナハウス2040JP

コンテナハウスが様々な形で活用され、注目を集めています。
コンテナは、荷物を詰めて列車やトラックで運送される、
あのコンテナです。

コンテナに開口部を設け、
それを家のように活用する事の総称がコンテナハウスです。

費用を安く上げるために、
外観がコンテナその物の場合もあれば、
これがコンテナと驚くほどに外観も見栄えよくされたものまで様々です。

小さなコンテナを庭に置いて勉強部屋にしたり、
空き地等に置いて、屋台のファストフード店に応用したり、
アイディア次第で活用方法もまだまだありそうです。

私は土地があれば、コンテナハウス1つを1店舗として、
小物雑貨や趣味の手作り品やスイーツ等を楽しめる手作り感満載の小さなお店を、
9店舗ほどコの字型に配したモールを造って見たいと思います。

コンテナハウスなら、店舗数に応じて配置も変え易く、
少ない資金で小さなお店を始めようとする人にとって最適だと思います。

一部は2段に積み重ね、従業員の休憩室などに
活用できるスペースも造りたいと夢が膨らみます。

ーーーーーーーーーーーー
2040JPからの回答です。

*Y様 ありがとうございます!
はい、ぜひ一緒に夢を膨らませていきたいですね!

アイデアいろいろ出ると思います!

では、よろしくお願いいたします!

最新のブログ記事

東京・有明エリアにコンテナハウスでできたモール&パークが登場

東京の有明エリアにコンテナハウスのポップアップモール&パーク『ZeroBase Ariake Pop-Up Mall&Park』が期間限定(2020年3月~9月)で誕生。ショップ・イベント会場・ビアガーデンなどの複合施設。オリンピックの競技会場も近く、大会中は多くの人で賑わいます。出店希望者も募集中です。

Read More »

耐久性、カスタマイズ性、機動性に優れ、快適でありながら環境に優しいコンテナハウス。従来の建築アイデアと高い次元で融合することにより、自由度の高いおしゃれな空間をあらゆる場所に創り出すことができます。

ショップやオフィス、展示場や倉庫などのビジネス利用。海の家やコテージ、別荘などのリゾート利用。住居やガレージ、避難施設などの一般利用。用途は様々です。遊休地を活用して街全体を活かすこともできます。この流れが地球全体に広がれば、未来につながるプロダクトデザインまでも可能になります。

「コンテナハウスの広さや間取りは?」「どのようなデザインがあるの?」「金属製だから夏に暑く冬に寒いのでは?」「コンテナハウスの住み心地は?」「コンテナハウスの強度や耐久性は?」など、コンテナハウスに関する疑問を分かりやすく徹底解説します!

「コンテナハウスは建築基準法の対象?」「建築用コンテナは海上輸送コンテナとどこが違うの?」「コンテナハウスが建築確認を受けるために必要なことは?」「コンテナハウスに固定資産税はかかる?」など、コンテナハウスを取り巻く法律・規制・制度について分かりやすく完全解説します!