コンテナハウスって、かなりオシャレな空間になりそうですよね。

コンテナハウス2040JP

コンテナハウスって、倉庫とか物置きというイメージが強かったけれど、
エクステリアもインテリアも自分が好きなものを集めてこだわれば、
かなりオシャレな空間になりそうですよね。

以前から、外壁のペイントができたり、
内装でも壁材や壁紙で自分の気に入った感じには
できるとは思っていたけれど、もっといろいろな可能性もある感じがします。

外壁の外側に木製の手製パネルや看板をとりつけたり、
家のサイディングみたいにコンテナハウス全体を自然素材や木を
意識した感じで囲んで、外壁をひと手間かけて加工したり、
コンテナハウスとウッドデッキを組み合わせて広いスペースを作ったり、
周りに花いっぱいの庭を作ったりもできそう。

今まではコンテナハウスってどちらかというと無機質で男っぽいイメージだったけれど、
女の子が好きそうなお店や空間だってできるんじゃないかな。

わたしは料理が好きだから、それを最大限活かせるようなスペースが作りたいな。

今のキッチンでも充分に料理は作れるけれど、
もっとプロが使うような調理器具やシステムキッチン、オーブンとかを置いて、
パンやケーキを作ったり、料理教室を開いたり、
そんなスペースができたら楽しいだろうな。

せっかく広い庭があるのだから、コンテナハウスをおいて
自宅の横で月1回開催の料理教室。できたらいいな。

ーーーーーーーーーーーーーー
2040JPスタッフより
*Rさん ありがとうございます!
はい、ぜひ夢を叶えたいですね!

最新のブログ記事

耐久性、カスタマイズ性、機動性に優れ、快適でありながら環境に優しいコンテナハウス。従来の建築アイデアと高い次元で融合することにより、自由度の高いおしゃれな空間をあらゆる場所に創り出すことができます。

ショップやオフィス、展示場や倉庫などのビジネス利用。海の家やコテージ、別荘などのリゾート利用。住居やガレージ、避難施設などの一般利用。用途は様々です。遊休地を活用して街全体を活かすこともできます。この流れが地球全体に広がれば、未来につながるプロダクトデザインまでも可能になります。

「コンテナハウスの広さや間取りは?」「どのようなデザインがあるの?」「金属製だから夏に暑く冬に寒いのでは?」「コンテナハウスの住み心地は?」「コンテナハウスの強度や耐久性は?」など、コンテナハウスに関する疑問を分かりやすく徹底解説します!

「コンテナハウスは建築基準法の対象?」「建築用コンテナは海上輸送コンテナとどこが違うの?」「コンテナハウスが建築確認を受けるために必要なことは?」「コンテナハウスに固定資産税はかかる?」など、コンテナハウスを取り巻く法律・規制・制度について分かりやすく完全解説します!