コンテナハウスが流行っているという話を最近良く耳にします。

コンテナハウス2040JP

コンテナハウスが流行っているという話を最近良く耳にします。

比較的安い価格で手に入る貨物用のコンテナをおしゃれに自分の

秘密のお部屋みたいに改装できたらとても良いと思いますよね。

例えば防音できる壁を取り付ければ、カラオケの練習もできますし

大きな音で演奏しても大丈夫です。

バンドメンバーの練習ハウスとして使う人もいるみたいです。

子供の雨の日の遊び部屋にするのも良いでしょう。

それから受験生のための受験部屋にするのもアリだと思います。

お客さんのための部屋を作る人もいるようです。

泊まりに来た人を案内したらきっとびっくりされること間違いなしでしょう。

森の中などに建てて、自分が一人になりたいときに行くという人もいるみたいです。

静かな空間で色々考えたい時にはとても良いのでしょう。

貨物コンテナだからそんなに広い部屋は作れないと思うかもしれませんが

コンテナを組み合わせることで、かなり広い部屋を作る事だって可能です。

広い場所さえ確保できれば、プチ別荘のようなものが作れるという事です。

しかもものすごく安い値段でできてしまうのですから嬉しいですね。

コンテナハウスは自分で作る人もいるようですが、オーダーメイドで作ってくれる

業者さんがあります。

こういったところにお願いすれば強度もしっかりした安心して使えるコンテナハウスを

建ててもらうことが可能です。

もちろん自分で建てるよりは費用がかかりますが、長く使いたいという場合は

業者さんにお願いするのが良いかもしれません。

内装だけとか外装だけというお願いの仕方もできるみたいなので、半分は業者さんに

依頼してあとは自分で・・という方法も良いかもしれません。

興味のある人は、一度調べてみてください。

最新のブログ記事

耐久性、カスタマイズ性、機動性に優れ、快適でありながら環境に優しいコンテナハウス。従来の建築アイデアと高い次元で融合することにより、自由度の高いおしゃれな空間をあらゆる場所に創り出すことができます。

ショップやオフィス、展示場や倉庫などのビジネス利用。海の家やコテージ、別荘などのリゾート利用。住居やガレージ、避難施設などの一般利用。用途は様々です。遊休地を活用して街全体を活かすこともできます。この流れが地球全体に広がれば、未来につながるプロダクトデザインまでも可能になります。

「コンテナハウスの広さや間取りは?」「どのようなデザインがあるの?」「金属製だから夏に暑く冬に寒いのでは?」「コンテナハウスの住み心地は?」「コンテナハウスの強度や耐久性は?」など、コンテナハウスに関する疑問を分かりやすく徹底解説します!

「コンテナハウスは建築基準法の対象?」「建築用コンテナは海上輸送コンテナとどこが違うの?」「コンテナハウスが建築確認を受けるために必要なことは?」「コンテナハウスに固定資産税はかかる?」など、コンテナハウスを取り巻く法律・規制・制度について分かりやすく完全解説します!