海外ではとてもモダンでスタイリッシュな物がたくさん

コンテナハウス2040JP

日本国内ではコンテナハウスと言ったら機能だけを
重視してあまりデザイン性にはこだわっていないという
イメージがあるんですが、
海外ではもはやコンテナと言われなければ気が付かないほど
とてもモダンでスタイリッシュな物がたくさんあるようですね。

コンテナハウスの弱点である閉鎖性を軽減させるために
壁を取っ払ってしまって、
全面ガラス張りにしたようなとても開放感のある物もあるようで、
すっかりコンテナハウスに対するイメージというか
概念さえも変わってしまったような気がします。

もちろん日本では建築上の法律などの制限などがあって
そこまで改造を施すことは難しいかと思いますが、
それでも工夫次第ではかなりオシャレなコンテナハウスに
作り上げることが可能なんじゃないかと思います。

私がもしコンテナハウスを購入するんだったら
やっぱりちょっと人里離れたような自然豊かな土地で、
休日を満喫するための別荘のような感じで使ってみたいかと思っています。

簡易的なログハウスと言ったイメージにちょっと改造をして、
普段暮らしている都会の喧騒から開放されてゆったりとした
穏やかな時間を過ごすことができるのではないかと考えています。

お値段もかなりお手頃らしいので、ゆくゆくは導入したいと思っています。

ーーーーーーーーーーーー
2040JPからの回答です。

*Rさん、ありがとうございます!
はい、確かに海外ではデザインされたコンテナハウスが
非常に増えてきましたね!

東京でもおしゃれなところで使われています!
先日もビールをそこで頂きました!笑

最新のブログ記事

耐久性、カスタマイズ性、機動性に優れ、快適でありながら環境に優しいコンテナハウス。従来の建築アイデアと高い次元で融合することにより、自由度の高いおしゃれな空間をあらゆる場所に創り出すことができます。

ショップやオフィス、展示場や倉庫などのビジネス利用。海の家やコテージ、別荘などのリゾート利用。住居やガレージ、避難施設などの一般利用。用途は様々です。遊休地を活用して街全体を活かすこともできます。この流れが地球全体に広がれば、未来につながるプロダクトデザインまでも可能になります。

「コンテナハウスの広さや間取りは?」「どのようなデザインがあるの?」「金属製だから夏に暑く冬に寒いのでは?」「コンテナハウスの住み心地は?」「コンテナハウスの強度や耐久性は?」など、コンテナハウスに関する疑問を分かりやすく徹底解説します!

「コンテナハウスは建築基準法の対象?」「建築用コンテナは海上輸送コンテナとどこが違うの?」「コンテナハウスが建築確認を受けるために必要なことは?」「コンテナハウスに固定資産税はかかる?」など、コンテナハウスを取り巻く法律・規制・制度について分かりやすく完全解説します!