三十年前から茶道を嗜んでいるのでコンテナハウスを茶室にしたい・・・

コンテナハウス2040JP

三十年前から茶道を嗜んでいるので
コンテナハウスを茶室にしたいです。

山奥の安い土地を購入してそこにコンテナハウスを
置いてお茶を楽しむためだけに利用します。

中には畳を敷き詰めて和風ティストを取り入れるように工夫します。

小物も和のものを置くことで本格的な茶室まではいきませんが
趣味としてはよいでしょう。

お茶の道具を置ける棚も備え付けておくのですが
安くてセンスのよいもので統一したいです。

和風のコンテナハウスは目にしたことがありませんが
和のもので溢れさせればそれなりにはなると思います。

コンテナハウスは家を立てるよりも手軽に設置できそうですが
強度の面で不安があるので安いものを置きたいのでした。

万が一水漏れなどが起こり高価な道具類が水浸しになったら
悲しいのでそこそこのものを揃えるのです。

価格なりだと妥協しながら本格的なものを求める過程を
趣味として味わってみたいのでした。

安いといっても茶室道具からコンテナハウスまで
全部揃えるとなるとまとまった金額が必要になりますので夢物語です。

泊まることは想定していないので
本当にただ茶室として使えたら幸せです。

お友達を招いて月に一度茶道を嗜む会を結成してみたいと感じました。

*2040JPスタッフより
コンテナハウスで茶道はいいですね!
地球にもやさしいですし、おしゃれだと思います!

最新のブログ記事

耐久性、カスタマイズ性、機動性に優れ、快適でありながら環境に優しいコンテナハウス。従来の建築アイデアと高い次元で融合することにより、自由度の高いおしゃれな空間をあらゆる場所に創り出すことができます。

ショップやオフィス、展示場や倉庫などのビジネス利用。海の家やコテージ、別荘などのリゾート利用。住居やガレージ、避難施設などの一般利用。用途は様々です。遊休地を活用して街全体を活かすこともできます。この流れが地球全体に広がれば、未来につながるプロダクトデザインまでも可能になります。

「コンテナハウスの広さや間取りは?」「どのようなデザインがあるの?」「金属製だから夏に暑く冬に寒いのでは?」「コンテナハウスの住み心地は?」「コンテナハウスの強度や耐久性は?」など、コンテナハウスに関する疑問を分かりやすく徹底解説します!

「コンテナハウスは建築基準法の対象?」「建築用コンテナは海上輸送コンテナとどこが違うの?」「コンテナハウスが建築確認を受けるために必要なことは?」「コンテナハウスに固定資産税はかかる?」など、コンテナハウスを取り巻く法律・規制・制度について分かりやすく完全解説します!