コンテナハウスはもっと事務所的な安いイメージだと思っていましたが、

コンテナハウス2040JP

コンテナハウスはもっと事務所的な安いイメージだと思っていましたが、
組み合わせや外装によって全く違う部屋になるのですね。

ただの箱としか思っていませんでしたが、並べても良し、重ねても良し、
さらにはマンションのように多くのコンテナを繋いで重ねるとお洒落ですね。

2つや4つと並べて内側をつないでワンフロアにもできるので、
もはやコンテナには見えないですね。

中には木目調の外壁を使用している物もありますし、
屋根も三角屋根が付いている物までありますので、
四角い箱という概念も無くなっています。

普通に家を建てるよりも簡単ですし自由に設計できるので
自分の家としても恥ずかしくないでしょう。

逆に羨ましがられるかもしれませんね。

我が家の庭にスペースがあるのでコンテナを2階建てに置いて、
アトリエなども良いですね。もしくは友達を呼んで御茶会とか
ホームパーティも良いですね。

今の家はリフォームすると大変ですので、
別棟にコンテナハウスで自分の好きなデザインで
建てられたら楽しいと思います。

特に気になるのは床から天井までの高さの窓ガラスを並べている
コンテナハウスが良いですね。
太陽の光が沢山入りますしお洒落だと思います。

2階建ての部分にはこの大きなガラス窓を入れたいです。

*Lさん、ありがとうございます!
ぜひ、好きなデザインでおしゃれな空間を作りたいですね!

最新のブログ記事

耐久性、カスタマイズ性、機動性に優れ、快適でありながら環境に優しいコンテナハウス。従来の建築アイデアと高い次元で融合することにより、自由度の高いおしゃれな空間をあらゆる場所に創り出すことができます。

ショップやオフィス、展示場や倉庫などのビジネス利用。海の家やコテージ、別荘などのリゾート利用。住居やガレージ、避難施設などの一般利用。用途は様々です。遊休地を活用して街全体を活かすこともできます。この流れが地球全体に広がれば、未来につながるプロダクトデザインまでも可能になります。

「コンテナハウスの広さや間取りは?」「どのようなデザインがあるの?」「金属製だから夏に暑く冬に寒いのでは?」「コンテナハウスの住み心地は?」「コンテナハウスの強度や耐久性は?」など、コンテナハウスに関する疑問を分かりやすく徹底解説します!

「コンテナハウスは建築基準法の対象?」「建築用コンテナは海上輸送コンテナとどこが違うの?」「コンテナハウスが建築確認を受けるために必要なことは?」「コンテナハウスに固定資産税はかかる?」など、コンテナハウスを取り巻く法律・規制・制度について分かりやすく完全解説します!