コンテナハウスというとちゃっちいプレハブのようなものを想像していましたが、

コンテナハウス2040JP

コンテナハウスというと
ちゃっちいプレハブのようなものを想像していましたが、
今のコンテナハウスって作りもいいしおしゃれなものがあるんですね。

シャワーやキッチンをつけることもできるそうですし、
開口部が大きいので風通しの良い気持ちの良い空間になります。

うちの父が自分の部屋が欲しい、離れを作りたいと言っていますが、
コンテナハウスなら安い価格で簡単に作れそう。

友達を集めてバーベキューなどをしているのですが、
屋外ではなくコンテナハウス内でそういった集まりもできそうです。
あっさりした作りのコンテナハウスだったら土足で出入りするのもありですね。

内装が木で作ってあるコンテナハウスもあるようで、
そういったものは別荘や子供のお家として使えそうです。
内装なども普通の家と違って自由にデザインして楽しめそうだし、
自分だけの家があるというのは子供にとっても嬉しいもの。
家が手狭になった時に、庭に設置しても良いと思います。

増築するよりはるかに安くすみますし、
子供が独立したら撤去しても良いし物置や作業小屋にしても使えそうです。

それに荷物を詰めるコンテナとして最初は作られているので、
頑丈そう。災害時の避難場所としても使えるかも。

*2040JPスタッフより
ありがとうございます!

コンテナハウスは、あっという間に設置して
あっという間に片付けることができます。

地球に優しくてお洒落な感じになります。

災害時や防災時にもお役に立てます!
何しろ、5mmの鉄ですから頑丈です。

最新のブログ記事

耐久性、カスタマイズ性、機動性に優れ、快適でありながら環境に優しいコンテナハウス。従来の建築アイデアと高い次元で融合することにより、自由度の高いおしゃれな空間をあらゆる場所に創り出すことができます。

ショップやオフィス、展示場や倉庫などのビジネス利用。海の家やコテージ、別荘などのリゾート利用。住居やガレージ、避難施設などの一般利用。用途は様々です。遊休地を活用して街全体を活かすこともできます。この流れが地球全体に広がれば、未来につながるプロダクトデザインまでも可能になります。

「コンテナハウスの広さや間取りは?」「どのようなデザインがあるの?」「金属製だから夏に暑く冬に寒いのでは?」「コンテナハウスの住み心地は?」「コンテナハウスの強度や耐久性は?」など、コンテナハウスに関する疑問を分かりやすく徹底解説します!

「コンテナハウスは建築基準法の対象?」「建築用コンテナは海上輸送コンテナとどこが違うの?」「コンテナハウスが建築確認を受けるために必要なことは?」「コンテナハウスに固定資産税はかかる?」など、コンテナハウスを取り巻く法律・規制・制度について分かりやすく完全解説します!