偶然通りかかったコンテナハウスの展示場を見ていたら

コンテナハウス2040JP

偶然通りかかったコンテナハウスの展示場を見ていたら、
ちょっと忘れかけていた夢が実現できそうな気がしてきました。
コンテナハウスを使って、小さな飲食店とかバルを経営してみるのはどうだろうか、
と考えてみたりして。

たくさんのお客さんが来てお店が繁盛するのはうれしいかもしれないけれど、
自分で動き回る事やお客様と楽しく過ごせる時間を重要視するのであれば、
お店の規模なんて大きくなくてぜんぜん構わないと思います。

気軽に立ち寄ってもらって、お酒でも飲みながら旬のおいしい食材を楽しむ、
というお店にしたいのです。

別にレストランじゃないのだから、かしこまった感じのおしゃれさは要らないし、
それにあうインテリアや内装なんて要らないと思います。

それよりもむしろ、おいしいお酒が楽しめる事にこだわりたいのです。
コンテナハウスといっても、外装にはこだわることが出来そうです。
エクステリアの工事をうまく行えばテラス席だって作れるし、
コンテナハウスはとにかく日本っぽさを消してくれると思います。
映画に出てきそうな、立ち飲みのバル。
昼間は気まぐれに特大のハンバーガーを提供するカフェなんかにしてもよさそうです。

とにかくコンテナハウスの可能性は無限大。
自分のお店を出すのには、かなりお金が必要だと思っていたけれど、
コンテナハウスであれば夢が実現するのかもしれませんね。

ーーーーーーーーーーーーーー
*2040JPスタッフより
はい、そうですね!
コンテナハウスの可能性は無限大です!

遊休地の活用にもピッタリだと思います!

最新のブログ記事

耐久性、カスタマイズ性、機動性に優れ、快適でありながら環境に優しいコンテナハウス。従来の建築アイデアと高い次元で融合することにより、自由度の高いおしゃれな空間をあらゆる場所に創り出すことができます。

ショップやオフィス、展示場や倉庫などのビジネス利用。海の家やコテージ、別荘などのリゾート利用。住居やガレージ、避難施設などの一般利用。用途は様々です。遊休地を活用して街全体を活かすこともできます。この流れが地球全体に広がれば、未来につながるプロダクトデザインまでも可能になります。

「コンテナハウスの広さや間取りは?」「どのようなデザインがあるの?」「金属製だから夏に暑く冬に寒いのでは?」「コンテナハウスの住み心地は?」「コンテナハウスの強度や耐久性は?」など、コンテナハウスに関する疑問を分かりやすく徹底解説します!

「コンテナハウスは建築基準法の対象?」「建築用コンテナは海上輸送コンテナとどこが違うの?」「コンテナハウスが建築確認を受けるために必要なことは?」「コンテナハウスに固定資産税はかかる?」など、コンテナハウスを取り巻く法律・規制・制度について分かりやすく完全解説します!