余った土地を有効に活用したいと考えているのですが建物を立てるには費用が

コンテナハウス2040JP

余った土地を有効に活用したいと考えているのですが建物を立てるには費用がかかります。

通常の自宅を立てる予算はないのですが余っている土地が
もったいないのでコンテナハウスを置きたいのです。

郊外なのでコンテナハウスがあっても目立ちませんし
窓をしっかりと塞いでいれば外からも見えませんので暮らすこともできそうです。

住宅としてはいささかスペース的に狭そうな印象も受けますが
そこはコンテナハウス次第でしょう。

広く快適なコンテナハウスを求めれば価格も
グレードアップすると予想されるので予算との相談です。

予算面は考えなくてもいいのならワンルームでバスキッチン付きの
コンテナハウスを立てて一人暮らしがしたいです。

主人と息子とマンションに住んでいますが一人になりたい日も
ありますので避難先としてコンテナハウスがあればと考えたんです。

車で行けるほどの距離ならば家族の食事さえ作っておけば
コンテナハウスに戻りこもっていることもできます。

誰にも邪魔されることのない静寂をコンテナハウスで
感じられるのなら建ててみたいです。

老人一人が暮らしていくにはたいそうな設備は必要なく
最低限の居住性さえ確保できればコンテナハウスで暮らしてみたいのでした。

*2040JPスタッフより
Uさん ありがとうございます!
遊休土地の活用法はコンテナハウスで決まり!

ぜひ、うまく使ってみてください。
よろしくお願いいたします。

最新のブログ記事

耐久性、カスタマイズ性、機動性に優れ、快適でありながら環境に優しいコンテナハウス。従来の建築アイデアと高い次元で融合することにより、自由度の高いおしゃれな空間をあらゆる場所に創り出すことができます。

ショップやオフィス、展示場や倉庫などのビジネス利用。海の家やコテージ、別荘などのリゾート利用。住居やガレージ、避難施設などの一般利用。用途は様々です。遊休地を活用して街全体を活かすこともできます。この流れが地球全体に広がれば、未来につながるプロダクトデザインまでも可能になります。

「コンテナハウスの広さや間取りは?」「どのようなデザインがあるの?」「金属製だから夏に暑く冬に寒いのでは?」「コンテナハウスの住み心地は?」「コンテナハウスの強度や耐久性は?」など、コンテナハウスに関する疑問を分かりやすく徹底解説します!

「コンテナハウスは建築基準法の対象?」「建築用コンテナは海上輸送コンテナとどこが違うの?」「コンテナハウスが建築確認を受けるために必要なことは?」「コンテナハウスに固定資産税はかかる?」など、コンテナハウスを取り巻く法律・規制・制度について分かりやすく完全解説します!