コンテナハウスは店舗やオフィスとしても活用されています。

コンテナハウス2040JP

コンテナハウスは店舗やオフィスとしても活用されています。

コストダウンに成功できるだけでなく、アレンジ次第で見た目も
おしゃれに作り上げることができるので、おしゃれな雑貨屋や
カフェなどにも応用されているようです。

コンテナというのはもともと荷物を運ぶために作られたものですが、
コンテナハウスの場合は住宅や店舗などとして使うために基本構造に手を加えていきます。

断熱材を入れたり水回りの工事をしたりして、
一般的な住宅や店舗と同様に設備を整えたものがコンテナハウスになります。

コンテナハウスの場合は工期を短く済ませることができる一方で、
耐久性の面でも安心できますので、コンテナハウスを選ぶということには
メリットもいろいろあるものです。

もともとが荷物の運搬用に作られたものであるため、
コンテナ内は暑いときはウンと暑くなり、寒いときは
ウンと寒くなるというイメージも定着していますが、
断熱工事を施すことによりそういった問題もクリアすることができます。

またコンテナハウスならではの見た目も大変おしゃれであるため、
おしゃれな外装・内装の店舗をオープンさせたいという事業主や
企業からも人気を博しています。

コンテナハウスは、思っている以上にいろいろな使い方ができるようです。

*2040JPスタッフより
ありがとうございます!

はい、そうなんです!

コンテナハウスはいろんなところで使われ始めていますし
使うことができるのです!

地球にもやさしいですし!

2040JPのコンテナハウスはシェルターですから
防災にも使えます!
普段はカフェで、災害の時には防災として使える!なんて
いいですね!

最新のブログ記事

耐久性、カスタマイズ性、機動性に優れ、快適でありながら環境に優しいコンテナハウス。従来の建築アイデアと高い次元で融合することにより、自由度の高いおしゃれな空間をあらゆる場所に創り出すことができます。

ショップやオフィス、展示場や倉庫などのビジネス利用。海の家やコテージ、別荘などのリゾート利用。住居やガレージ、避難施設などの一般利用。用途は様々です。遊休地を活用して街全体を活かすこともできます。この流れが地球全体に広がれば、未来につながるプロダクトデザインまでも可能になります。

「コンテナハウスの広さや間取りは?」「どのようなデザインがあるの?」「金属製だから夏に暑く冬に寒いのでは?」「コンテナハウスの住み心地は?」「コンテナハウスの強度や耐久性は?」など、コンテナハウスに関する疑問を分かりやすく徹底解説します!

「コンテナハウスは建築基準法の対象?」「建築用コンテナは海上輸送コンテナとどこが違うの?」「コンテナハウスが建築確認を受けるために必要なことは?」「コンテナハウスに固定資産税はかかる?」など、コンテナハウスを取り巻く法律・規制・制度について分かりやすく完全解説します!