コンテナハウス2040JP「ありがとう!10万人リーチキャンペーン」

コンテナハウス2040JP

コンテナハウス2040JP運営会社の株式会社ラウンド・リサイクル は、
2014年11月13日(木)から「ありがとう!10万人リーチキャンペーン」を行います。
この達成記念で、今コンテナハウスご成約の方に「ゆめぴりか30kg」を
もれなくプレゼントのキャンペーンを行います。

コンテナハウス2040JP運営会社の株式会社ラウンド・リサイクル
(神奈川県横浜市 代表取締役:菅原修一)は、2014年11月13日(木)から
「ありがとう!10万人リーチキャンペーン」を行います。

2040JP のFacebookページのリーチ数がのべ10万人を超えました。
ありがとうございます。
この達成記念で、今コンテナハウスご成約の方に「ゆめぴりか30kg」を
もれなくプレゼントのキャンペーンを行います。

2040JPのコンテナハウスは、よくあるコンテナとは違い、
強固なシェルターにもなるコンテナを使用して、住宅や緊急避難用のシェルター
おしゃれなカフェや花屋さん、オフィスとしても使われています。

キャンペーン概要
日時 2014年11月13日~11月20日
キャンペーン名 「ありがとう!10万人リーチキャンペーン」
対象 2040JPのHPからお問い合わせを頂き、期間中にご成約の方
プレゼント 2014年新米ゆめぴりか30kg
http://2040.jp/

ーーーーーーーーーー
コンテナハウス2040JP
http://2040.jp/

ーーーーーーーーーー
コンテナハウス2040JPは、IMCG株式会社 環境開発事業部のもと
株式会社ラウンド・リサイクルが運営いたします。
コンテナハウス2040JPのコンテナハウスの申請手続きから、
コンテナの製造・輸送、コンテナハウスのデザイン、設計、建築、内装外装工事
電気工事、水道工事、メンテナンスなどを一貫して行い、運営いたします。
株式会社ラウンド・リサイクルは長年のコンテナ輸送とコンテナハウスの設計、建築の
ノウハウを持ち、最近ではlenobo社のBeachMarche(海の家)も手がけています。
コンテナハウス2040JPでは、コンテナハウスを使った事例や
コンテナハウスのノウハウなどの情報発信を行っていく予定です。

【コンテナハウス2040JPのコンセプト・ミッション】
コンテナハウスで街を地球を未来をProdctDesignいたします。
【コンテナハウスの概要】
コンテナを使用したコンテナハウスは、耐久性に優れた丈夫な構造が特徴です。
この丈夫な構造でコンテナハウスは様々な建物として利用できます。
コンテナハウスは簡単に組み立てられ、重ねれば2F建て、3F建ても
可能なおしゃれな第2の邸宅としても使用できます。
別荘地、自宅の空き地などに簡単に建築でき、
クルマやバイク、スノーモービルなどのガレージやさまざまな趣味の部屋として
使われている方もいらっしゃいます。
設備機器もエアコンからキッチン、シャワールーム、トイレも備えることができ
日本全国、中国、東南アジア、中央アジアなど
世界各地へどこでも施工可能となっています。
厚さ2mmの鉄板でできたコンテナは塩害対策も施されているので錆に強く、
耐用年数はおよそ40年と言われています。
コンテナハウスで使用されるコンテナは、過酷な海上輸送や陸上輸送の振動や衝撃にも
耐えられるスグレモノで、耐久性に優れ、構造物としての十分な強度があります。
さらに短い施工期間で建築が可能です。
極端に言えば、トラックで輸送し、クレーンで下ろせば、
1日で設置が可能です。
災害にも速くて、強いコンテナハウスといえます。
ドア、窓などの取り付けも自由で、電源、水道、ガスさえあればすぐに使用でき、
移転する場合もトラックで運ぶことができます。
2040JPは、コンテナハウスのための専用コンテナを製造していますので断熱性能、遮音性能
機密性、水回りなどを考慮した、安定した高品質コンテナになっています。
コンテナ同士を連結したり、コンテナの内部を細かく区切るなどの様々な改造ができ
構造計算を行うことで自由に開口部を作ったり、何層にも重ねることも可能です。
このような自由なカスタマイズもコンテナハウスの魅力で、自由度の高い空間です。
海外では134個のコンテナを連結し、南極に設置している例もあります。
移動可能であったり、リサイクルも可能なため、環境にやさしいエコなプロダクツと言えます。

最近では、最先端のデザイナー達も注目するようになってきており
地方の余った敷地にコンテナハウスを設置し、イベントやカフェ、別荘・離れ、
一杯飲み屋などを経営するところも現れ、一般的に広がりつつあります。

コンテナハウスは、日本の従来の建築にプラスしたアイデアで考えていくと家や事務所、
カフェ、遊休土地の活用など街全体を活かすこともでき、
それが地球全体に広がっていけば未来につながるプロダクトデザインができると確信しています。
2040JPは、このイノベーションを創っていきたいと考えています。

*2040.jpの由来は、コンテナの長さが20フィートと40フィートが
多く流通しているため、この20&40から「2040.jp」としています。

会社概要
ーーーーーーーーーー
コンテナハウス2040JP
http://2040.jp/

ーーーーーーーーーー
IMCG株式会社 環境開発事業部
HP : http://www.imcg.jp/
ーーーーーーーーーー
コンテナハウス 2040JP運営会社
株式会社ラウンド・リサイクル
Round Recycle Corporation
本社住所
〒224-0043
神奈川県横浜市都筑区折本町324-1
TEL:045-470-1572
代表取締役:菅原修一
ホームページ:http://www.roundss.com/
ーーーーーーーーーー
本リリースのお問い合せは、菅原修一まで。

最新のブログ記事

東京・有明エリアにコンテナハウスでできたモール&パークが登場

東京の有明エリアにコンテナハウスのポップアップモール&パーク『ZeroBase Ariake Pop-Up Mall&Park』が期間限定(2020年3月~9月)で誕生。ショップ・イベント会場・ビアガーデンなどの複合施設。オリンピックの競技会場も近く、大会中は多くの人で賑わいます。出店希望者も募集中です。

Read More »

コンテナの歴史:海上コンテナ輸送の起源

発地から着地に至るまで様々な輸送機関を利用する貨物輸送を複合一貫輸送と呼びます。現代では製品の生産に必要な原材料や部品、さらには中間製品を輸入する場合、さらに完成した製品を輸出する場合、多くは船で運ばれており、現代の複合一貫輸送は海上コンテナ輸送を中心に構成されています。そこで今回は海上コンテナ輸送の起源を紹介します。

Read More »

耐久性、カスタマイズ性、機動性に優れ、快適でありながら環境に優しいコンテナハウス。従来の建築アイデアと高い次元で融合することにより、自由度の高いおしゃれな空間をあらゆる場所に創り出すことができます。

ショップやオフィス、展示場や倉庫などのビジネス利用。海の家やコテージ、別荘などのリゾート利用。住居やガレージ、避難施設などの一般利用。用途は様々です。遊休地を活用して街全体を活かすこともできます。この流れが地球全体に広がれば、未来につながるプロダクトデザインまでも可能になります。

「コンテナハウスの広さや間取りは?」「どのようなデザインがあるの?」「金属製だから夏に暑く冬に寒いのでは?」「コンテナハウスの住み心地は?」「コンテナハウスの強度や耐久性は?」など、コンテナハウスに関する疑問を分かりやすく徹底解説します!

「コンテナハウスは建築基準法の対象?」「建築用コンテナは海上輸送コンテナとどこが違うの?」「コンテナハウスが建築確認を受けるために必要なことは?」「コンテナハウスに固定資産税はかかる?」など、コンテナハウスを取り巻く法律・規制・制度について分かりやすく完全解説します!

メニューを閉じる