私は、最近コンテナハウスに注目しています。

コンテナハウス2040JP

私は、最近コンテナハウスに注目しています。
コンテナハウスとは、そのままの意味でコンテナを家にして
住んだり出来るように改造したものです。

最近では、家として使う以外にもショップとして
使ったりしているところもあります。

私が住みたいのは、まずは一つだけでは少し小さいので、
コンテナハウスを3つほど用意して3部屋として使う方法です。
コンテナハウスを3つ使いますので、
その移動のために雨が掛からないように、
コンテナハウスとコンテナハウスの距離を出来るだけ近づけて、
屋根をつけたいと思っています。

一つは書斎として使いたいと思っています。
コンテナハウスは大きさにもよりますが、
一つだいたい12坪くらいのものがありますので、
書斎としてはとても広い部類になります。

もう1つは、寝室として使いたいと思っています。
寝室として使うときは、外から見えないようにして
小さな窓をつけて、ドアは1つにしたいと思っています。

最後にはリビングとして使いたいと思っています。
リビングですので、キッチンの機能もつけて、
そこで料理が出来るようにしたいです。
リビングに関しては、寝室よりは少し大きめの窓や
引き戸をつけるようにして、開放感のあるコンテナハウスにしたいです。

*2040JPスタッフより
Uさん ありがとうございます!

ぜひ、楽しいコンテナハウスを創りたいですね!
よろしくお願いいたします。

最新のブログ記事

耐久性、カスタマイズ性、機動性に優れ、快適でありながら環境に優しいコンテナハウス。従来の建築アイデアと高い次元で融合することにより、自由度の高いおしゃれな空間をあらゆる場所に創り出すことができます。

ショップやオフィス、展示場や倉庫などのビジネス利用。海の家やコテージ、別荘などのリゾート利用。住居やガレージ、避難施設などの一般利用。用途は様々です。遊休地を活用して街全体を活かすこともできます。この流れが地球全体に広がれば、未来につながるプロダクトデザインまでも可能になります。

「コンテナハウスの広さや間取りは?」「どのようなデザインがあるの?」「金属製だから夏に暑く冬に寒いのでは?」「コンテナハウスの住み心地は?」「コンテナハウスの強度や耐久性は?」など、コンテナハウスに関する疑問を分かりやすく徹底解説します!

「コンテナハウスは建築基準法の対象?」「建築用コンテナは海上輸送コンテナとどこが違うの?」「コンテナハウスが建築確認を受けるために必要なことは?」「コンテナハウスに固定資産税はかかる?」など、コンテナハウスを取り巻く法律・規制・制度について分かりやすく完全解説します!