隠れ家的なコンテナハウスを建ててみたいです

コンテナハウス2040JP

私がコンテナハウスを建てる事が出来るとすれば、隠れ家的なコンテナハウスを建ててみたいですね。

人里離れたところにコンテナハウスを持って行って、一人になりたい時に利用したいですね。

しかもコンテナハウスを連結して2階建てにしたり、窓を作ったり出来るみたいなので本格的ですね。

まさに子供の頃に良く作っていた隠れ家の豪華版といったところでしょうか。

当時は段ボールといったもので作っていたので、雨が降ったり、風が吹いたらアウトでしたが、

コンテナハウスであれば雨にも風にも負けない頑丈な隠れ家が作れそうですね。

理想はもちろん、電気やガスを通して住めるようにして、友人や知人を招くといった事もしてみたいですし、

コンテナハウスでプールを作ったりも出来るみたいですので、そういった事が出来れば子供も大喜びですね。

でも、妻には申し訳ないですが内緒にしておきたいですね。

あくまで夢ですが、コンテナハウスには非日常的な部分を求めたいので。

男たるもの、幾つになっても少年の心は持っていますから、

妻には内緒で大きな隠れ家を作ってみたいですね。

*2040JPスタッフより
奥さんといっしょにコンテナハウス作るのもいいと思いますよ!
そうすれば、もっと楽しく、いろいろ出来ると思います!

コンテナハウスのプールもおしゃれですね!
ぜひぜひ!

最新のブログ記事

耐久性、カスタマイズ性、機動性に優れ、快適でありながら環境に優しいコンテナハウス。従来の建築アイデアと高い次元で融合することにより、自由度の高いおしゃれな空間をあらゆる場所に創り出すことができます。

ショップやオフィス、展示場や倉庫などのビジネス利用。海の家やコテージ、別荘などのリゾート利用。住居やガレージ、避難施設などの一般利用。用途は様々です。遊休地を活用して街全体を活かすこともできます。この流れが地球全体に広がれば、未来につながるプロダクトデザインまでも可能になります。

「コンテナハウスの広さや間取りは?」「どのようなデザインがあるの?」「金属製だから夏に暑く冬に寒いのでは?」「コンテナハウスの住み心地は?」「コンテナハウスの強度や耐久性は?」など、コンテナハウスに関する疑問を分かりやすく徹底解説します!

「コンテナハウスは建築基準法の対象?」「建築用コンテナは海上輸送コンテナとどこが違うの?」「コンテナハウスが建築確認を受けるために必要なことは?」「コンテナハウスに固定資産税はかかる?」など、コンテナハウスを取り巻く法律・規制・制度について分かりやすく完全解説します!