ショットバーをコンテナハウスで

コンテナハウス2040JP

コンテナハウスというと

簡易な事務所や倉庫等の

イメージが自分の中に有りましたが

2階建にも出来ると知ると

多種多様に利用出来ると思います。

そう考えると以前からの夢である

ショットバーをコンテナハウスで

造る事も可能であると思いました。

コンテナハウスの場合ですと

設置自体が簡単で工期が早く

価格的にも手頃な物件が多く

内装等の作業を自分ですれば

かなりの節約にも繋がってくるのでは

ないかと思います。

貸し店舗を借りるならば

やはり個性的な店を自分で

造り上げていきたいですし

造る過程でも楽しみがあって

より良い店が出来上がると

感じるからです、

断熱材などの問題もありますが

広さが無い分、エアコンでも

充分に対応出来るでしょうし

内装も自分の思い描くような

壁をクロスで仕上げてもいいですし

自分で描いても楽しそうですし

話題姓をとってみても

口コミ等も期待できると思います。

ただ、一つだけ心配するとすれば

台風等の雨や風に対する点が不安な

所ではありますが、その点が解消されれば

コンテナハウスを色々と利用してみる事は

楽しさや価格の面を考えても

価値ある物が出来上がると思います。

移動等も楽で建物を取り壊さなくても良い点等み含め

コンテナハウスでのショットバー建設を

実現に向けて前向きに考えていきたいと考えています

*2040JPスタッフより
ぜひ、ショットバー完成させたいですね!
海の家でも、シェルターコンテナハウスを使って
とってもオシャレにバーができています。

ご参考にしてみてください!

最新のブログ記事

耐久性、カスタマイズ性、機動性に優れ、快適でありながら環境に優しいコンテナハウス。従来の建築アイデアと高い次元で融合することにより、自由度の高いおしゃれな空間をあらゆる場所に創り出すことができます。

ショップやオフィス、展示場や倉庫などのビジネス利用。海の家やコテージ、別荘などのリゾート利用。住居やガレージ、避難施設などの一般利用。用途は様々です。遊休地を活用して街全体を活かすこともできます。この流れが地球全体に広がれば、未来につながるプロダクトデザインまでも可能になります。

「コンテナハウスの広さや間取りは?」「どのようなデザインがあるの?」「金属製だから夏に暑く冬に寒いのでは?」「コンテナハウスの住み心地は?」「コンテナハウスの強度や耐久性は?」など、コンテナハウスに関する疑問を分かりやすく徹底解説します!

「コンテナハウスは建築基準法の対象?」「建築用コンテナは海上輸送コンテナとどこが違うの?」「コンテナハウスが建築確認を受けるために必要なことは?」「コンテナハウスに固定資産税はかかる?」など、コンテナハウスを取り巻く法律・規制・制度について分かりやすく完全解説します!