コンテナの広さ 普通自動車を1台入れると丁度良いサイズでソーラーパネル

コンテナハウス2040JP

コンテナの広さを見てみると、どうやら普通自動車を1台入れると
丁度良いサイズのようなので、日本の住宅で使うときには、
駐車場に日よけを設置したいというニーズに応えることができるのではないかと思います。

天井がありながら全ての面がカバー出来るので、
台風の時でも全く傷がつかないガレージになります。
そしてコンテナの天井部分にソーラーシステムを設置すれば
相当な電力を供給することが出来ると思います。
住宅の屋上にソーラーシステムを設置するとメンテナンスがやりにくいですが、
コンテナの上なら脚立に乗ってすぐに手に届くので使い勝手は良いのではないかと思います。

特にバイクが好きな方で複数のバイクを自宅で所有しているなら、
四隅を完全に防御できるコンテナは最適ではないかと思います。

また別の考えとしては、最近は公園で子供達がサッカーや野球で遊ぶことを
禁止している地域が増えてきているようですが、
コンテナハウスを2段積みにして空き地の四隅を囲ってしまえばどうかと思います。
通行人や道路での事故の頻度が下がれば子供達スポーツができるのではないかと思います。

*2040JPスタッフより

Yさん ありがとうございます!
コンテナハウスの上にソーラーパネルは非常にいいと思います。
すでに、2040JPではコンテナハウスの上にソーラーパネルと
蓄電池をセットにして製造しています。

よろしければ、ぜひ!

最新のブログ記事

東京・有明エリアにコンテナハウスでできたモール&パークが登場

東京の有明エリアにコンテナハウスのポップアップモール&パーク『ZeroBase Ariake Pop-Up Mall&Park』が期間限定(2020年3月~9月)で誕生。ショップ・イベント会場・ビアガーデンなどの複合施設。オリンピックの競技会場も近く、大会中は多くの人で賑わいます。出店希望者も募集中です。

Read More »

コンテナの歴史:海上コンテナ輸送の起源

発地から着地に至るまで様々な輸送機関を利用する貨物輸送を複合一貫輸送と呼びます。現代では製品の生産に必要な原材料や部品、さらには中間製品を輸入する場合、さらに完成した製品を輸出する場合、多くは船で運ばれており、現代の複合一貫輸送は海上コンテナ輸送を中心に構成されています。そこで今回は海上コンテナ輸送の起源を紹介します。

Read More »

耐久性、カスタマイズ性、機動性に優れ、快適でありながら環境に優しいコンテナハウス。従来の建築アイデアと高い次元で融合することにより、自由度の高いおしゃれな空間をあらゆる場所に創り出すことができます。

ショップやオフィス、展示場や倉庫などのビジネス利用。海の家やコテージ、別荘などのリゾート利用。住居やガレージ、避難施設などの一般利用。用途は様々です。遊休地を活用して街全体を活かすこともできます。この流れが地球全体に広がれば、未来につながるプロダクトデザインまでも可能になります。

「コンテナハウスの広さや間取りは?」「どのようなデザインがあるの?」「金属製だから夏に暑く冬に寒いのでは?」「コンテナハウスの住み心地は?」「コンテナハウスの強度や耐久性は?」など、コンテナハウスに関する疑問を分かりやすく徹底解説します!

「コンテナハウスは建築基準法の対象?」「建築用コンテナは海上輸送コンテナとどこが違うの?」「コンテナハウスが建築確認を受けるために必要なことは?」「コンテナハウスに固定資産税はかかる?」など、コンテナハウスを取り巻く法律・規制・制度について分かりやすく完全解説します!

メニューを閉じる