DIYが趣味の私にとってはコンテナハウスは魅力が大きいです。

コンテナハウス2040JP

DIYが趣味の私にとってはコンテナハウスは魅力が大きいです。
外観は普通の家では中々自分では改装や塗装などは難しいのですが、
コンテナハウスでは容易に出来るのでそれをやってみたいです。

また、コンテナハウスは自然と一体にする事で映えると思っているので、
自然豊かな森の中や田舎などで建ててみたいと感じます。
屋根の部分に植物を植えたり、外壁を自然とマッチするようなものにする事で、
自然な状況を作り出したいです。そして部屋をコンテナハウスで作るのですが、
他の部分に関しては違う手法で作り上げる事で、自然に近い状態での暮らしをしてみたいと思っています。

こういったコンテナハウスを春用、夏用、秋用、冬用といったように
4つ造る事が老後にしてみたい楽しみです。春は花を中心とした植物を
楽しめるような場所にして、夏は海や山といった暑さを凌げる場所やレジャーが
楽しめる所にし、秋は紅葉を楽しみ、冬はスキーやスノボを楽しむ為に
スキー場などがある所にする事で、毎日が楽しく暮らせるようなコンテナハウスを造りたいです。

これが実現可能そうなのは、建てる為の資金が実際の自宅を作るよりも出来る所にあるので、
コンテナハウスでこういった生活を実現させてみたいです。

最新のブログ記事

耐久性、カスタマイズ性、機動性に優れ、快適でありながら環境に優しいコンテナハウス。従来の建築アイデアと高い次元で融合することにより、自由度の高いおしゃれな空間をあらゆる場所に創り出すことができます。

ショップやオフィス、展示場や倉庫などのビジネス利用。海の家やコテージ、別荘などのリゾート利用。住居やガレージ、避難施設などの一般利用。用途は様々です。遊休地を活用して街全体を活かすこともできます。この流れが地球全体に広がれば、未来につながるプロダクトデザインまでも可能になります。

「コンテナハウスの広さや間取りは?」「どのようなデザインがあるの?」「金属製だから夏に暑く冬に寒いのでは?」「コンテナハウスの住み心地は?」「コンテナハウスの強度や耐久性は?」など、コンテナハウスに関する疑問を分かりやすく徹底解説します!

「コンテナハウスは建築基準法の対象?」「建築用コンテナは海上輸送コンテナとどこが違うの?」「コンテナハウスが建築確認を受けるために必要なことは?」「コンテナハウスに固定資産税はかかる?」など、コンテナハウスを取り巻く法律・規制・制度について分かりやすく完全解説します!